サウンドです

べディエントパイプオルガンは目と鼻両方を魅了するデザインです。 音楽家は指と足に喜びをもたらし、暖かくリッチな音を提供するために我々の楽器を選びます。当社では高品質のトラッカーとモダンな電子気送管スライダーチェストパイプオルガンを作ります。我々は40年もの研究と我々の楽器を演奏する音楽家のニーズと欲望を組み合わせたデザインを組み合わせています。ヨーロッパの信仰のニュアンスを網羅する新しいアメリカンサウンドを作り出します。

Bedient Pipe Organ - Opus 30

べディエントパイプオルガン – オーパス30, クリーンズカレッジ, フラッシング, NY 1990-91

べディエントはまた既存のパイプオルガンへのサービスも提供します。このサービスは標準のチューニングのような基本的なものです。また当社ではダメージがあり、使い古しの楽器の修繕、修理を行います。最も満足するプロジェクトはパイプオルガンを移動、修復、増音することです。

ジーン・べディエントは1969年にべディエントパイプオルガン会社を設立しました。当社の発達状態にあるお店はリンカーンの近郊に位置します。殆どの仕事がネブラスカ、リンカーン近郊の発達状態にあるお店の中で行われます。巨匠達は製作過程、昔からと近代的なオルガン建築技術を組み合わせる全ての局面において熱心に取り組んでいます。アメリカ中の教会、コンサートホール、スタジオ、私邸にべディエントの楽器が誇らしげに置いてあります。

信頼、メンテナンスの頻度の少なさ、美しいサウンド、審美性でこの素晴らしいメカニカルなアクションオルガンの右に出るものはいません。私はべディエント会社がネブラスカで製作するこのような素晴らしい楽器を沢山演奏しました。そのクオリティは今日で最も素晴らしい出来です。

Dr. クレイグ・クレーマー, オルガン博士, ノートルダム大学, ノートルダム, イリノイ